MENU

医療法人誠恵会のなか内科

症状別疾患

当院の内視鏡検査の実績 / 消化器系疾患

2020年度(2020年4月から2021年3月までの1年間)当院で施行した内視鏡検査の総数

・上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)1368件

・下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ )576件でした。

結果の詳細

上部消化管内視鏡検査では、全1368例中6例の腫瘍を発見しております。内訳は、胃悪性リンパ腫1例、早期胃癌3例、十二指腸カルチノイド1例、十二指腸腺腫1例を発見し、近隣の総合病院へ治療目的に紹介となりました。

下部消化管内視鏡検査では、全576例中12例の腫瘍を発見しております。内訳は、直腸カルチノイド1例、大腸癌11例を発見し、当院では4例の早期大腸癌を内視鏡切除施行しております。その他8例は近隣の総合病院へ治療目的に紹介しました。

 

上記1944件の全内視鏡検査を、内視鏡指導医・内視鏡専門医である院長が施行しております。

以前の総数

2019年度

・上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)1303件 うち12例の悪性腫瘍を発見しました。

 

・下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)568件 うち9例の悪性腫瘍を発見しました。

なお、9例の大腸悪性腫瘍うち4例を当院で同日に内視鏡切除施行しております。

また、199例の大腸腺腫(前癌病変)を当院で同日に内視鏡切除施行しております。

 

2018年度

・上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)1185件 うち13例の悪性腫瘍を発見しました。

 

・下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)488件 うち14例の悪性腫瘍を発見しました。

なお、14例の大腸悪性腫瘍のうち2例を当院で同日に内視鏡切除施行しております。

また、174例の大腸腺腫(前癌病変)を当院で同日に内視鏡切除施行しております。

 

2021年度の内視鏡検査も予約を受け付けておりますので、何か消化器症状にご心配がある方はお気軽にご相談ください。また、さいたま市の胃癌検診や大腸癌検診が間もなく始まります。毎年秋以降は検査が大変混み合い予約が取りにくい状況になります。特に昨年がん検診を受診しなかった方は、さいたま市の新型コロナウイルス感染者が少ない現在、早めの検診受診や内視鏡検査をご検討いただけたら幸いです。

 

のなか内科 院長 野中 雅也

2021年9月の当院の大腸カメラの検査結果の概況(追記)

大腸カメラの詳細

昨年2020年9月の当院の大腸内視鏡件数は、新型コロナウイルス感染症による受診控えの影響で51件と例年よりやや少ない検査数でした。

2021年9月は76とほぼ例年通りの大腸カメラ(大腸内視鏡)検査数でした。

 

当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診や内視鏡検査ができると考えております。

 

検査の結果

76件の内視鏡検査のうち1件に下行結腸癌(腺腫内癌)を認め当院で内視鏡切除術を施行し、完全切除による治癒切除となりました。こちらの方は、血便のため初めて大腸カメラ(大腸内視鏡)を施行された方でした。

なお、前癌病変である大腸腺腫の方は27例で、当院で内視鏡切除術を施行しすべての方が治癒切除となっております。

 

まとめ

2021年8月の56件より増え9月は例年通りの大腸内視鏡件数となり、1例の悪性腫瘍を認め当院で切除しました。前癌病変である大腸腺腫を含めた腫瘍は今月も多い印象です。

 

血便や腹痛などの自覚症状がある方、便潜血反応陽性の方、また、便秘症や下痢などの便通異常、食欲低下、体重減少、大腸癌の家族歴、大腸ポリープ切除歴などのご心配がある方も一度当院へ受診をご検討ください。

特に便潜血反応が一度でも陽性となった方、また便秘や腹痛および貧血症がある方は、大腸内視鏡検査が必要と考えられております。

当院では、腹部超音波も施行しており、全例を検査技師でなく医師が施行しております。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

2021年9月の当院の胃カメラの検査結果の概況(追記)

胃カメラの詳細

昨年2020年9月の当院での胃カメラ件数は、137件と例年とほぼ同じ検査数でした。

2021年9月は119の胃カメラ(胃内視鏡)検査数でした。

当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診や内視鏡検査ができると考えております。

 

検査の結果

119件の内視鏡検査のうち胃癌やリンパ腫などの悪性腫瘍の方は認めませんでした。

その他の所見として食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、萎縮正胃炎などの慢性胃炎、胃良性ポリープなどの良性疾患でした。また、14件のピロリ菌感染症の方が当院でピロリ菌除菌治療(1次除菌11件、2次除3件)を施行しました。

 

まとめ

2021年8月に引き続き、9月もほぼ例年通りの内視鏡件数となってきております。今月は悪性疾患を認めませんでしたが、萎縮性胃炎などの慢性胃炎や、ピロリ菌感染症の方が多く認められました。当院では、ピロリ菌感染に対する除菌療法を施行しております。保険診療の1次除菌、2次除菌以外にも、自費診療となりますが3次除菌、4次除菌も施行しておるため、お気軽にご相談ください。尚、当院では除菌効果判定に院内に尿素呼気試験を用いておりますので当日30-40分程度での結果判定が可能です、

当院では、さいたま市胃癌検診も行っておりますので症状がなくても、昨年健診を実施していない方は、よろしければこの機会に受診の検討をお願い致します。

また、胃痛・腹痛、食欲低下、体重減少などの自覚症状や、胃癌・食道癌の家族歴、ピロリ菌感染などのご心配がある方も一度受診をご検討ください。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

 

なお、当院では腹部超音波も適宜施行しており、全例を検査技師でなく医師が施行しておりますので、お気軽にご相談ください。

2021年8月の当院の大腸カメラの検査結果の概況(追記)

大腸カメラの詳細

昨年2020年8月の当院の大腸内視鏡件数は、新型コロナウイルス感染症による受診控えの影響で2020年7月と同数の41件と例年よりやや少ない検査数でした。

2021年8月は56件とほぼ例年通りでしたが、当院の夏期休暇の影響で2021年7月の70件より少ない大腸カメラ(大腸内視鏡)検査数でした。

当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診や内視鏡検査ができると考えております。

 

検査の結果

56件の内視鏡検査のうち1件に直腸癌(腺腫内癌)を認め当院で内視鏡切除術を施行し、完全切除による治癒切除となりました。その他1例に悪性腫瘍である直腸カルチノイドを認めたため、近医総合病院へ紹介し内視鏡治療の予定となりました。

なお、前癌病変である大腸腺腫の方は19例で、当院で内視鏡切除術を施行しすべての方が治癒切除となっております。

 

まとめ

2021年7月に引き続き、8月も例年通りの大腸内視鏡件数となりました。今月は当院の夏期休暇のため56件と検査数が少ないにもかかわらず、2例の悪性腫瘍が認められ、大腸腺腫を含めた腫瘍は多い印象です。

腹痛などの自覚症状がある方、便潜血反応陽性の方、また、便秘症や下痢などの便通異常、食欲低下、体重減少、大腸癌の家族歴、大腸ポリープ切除歴などのご心配がある方も一度当院へ受診をご検討ください。

特に便潜血反応が一度でも陽性となった方、また便秘や腹痛および貧血症がある方は、大腸内視鏡検査が必要と考えられております。

当院では、腹部超音波も施行しており、全例を検査技師でなく医師が施行しております。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

2021年8月の当院の胃カメラの検査結果の概況(追記)

胃カメラの詳細

昨年2020年8月の当院での胃カメラ件数は、98件と例年とほぼ同じ検査数でした。

2021年8月は104件とほぼ例年通りでしたが、当院の夏期休暇の影響で2021年7月の128件よりやや少ない胃カメラ(胃内視鏡)の検査数でした。

当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診や内視鏡検査ができると考えております。

 

検査の結果

104件の内視鏡検査のうち1件に早期胃癌疑い(Group4)を認め、内視鏡治療の適応と判断したため近隣の総合病院へ紹介し、現在精査中であり今後内視鏡治療を予定しております。

その他の所見として食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、慢性胃炎、胃良性ポリープなどの良性疾患でした。また、15件のピロリ菌感染症の方が当院でピロリ菌除菌治療(1次除菌13件、2次除菌2件)を施行しました。

 

まとめ

2021年7月に引き続き、8月もほぼ例年通りの内視鏡件数となってきております。今月は当院の夏期休暇のため、104件と検査数が前月より少ないにもかかわらず、1例の早期胃癌疑いを認めました。

当院では、さいたま市胃癌検診も行っておりますので症状がなくても、昨年健診を実施していない方は、よろしければこの機会に受診の検討をお願い致します。

また、胃痛・腹痛、食欲低下、体重減少などの自覚症状や、胃癌・食道癌の家族歴、ピロリ菌感染などのご心配がある方も一度受診をご検討ください。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

 

なお、当院では腹部超音波も適宜施行しており、全例を検査技師でなく医師が施行しておりますので、お気軽にご相談ください。

2021年7月の当院の大腸カメラの検査結果の概況(追記)

大腸カメラの件数の詳細

昨年2020年7月の当院の大腸内視鏡件数は、新型コロナウイルス感染症による受診控えの影響で6月と同様の41件と少ない検査数でした。

2021年7月は70件とほぼ例年通りの大腸内視鏡の検査数でした。当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診や内視鏡検査ができると考えております。

 

大腸カメラの結果

70件の大腸内視鏡施行した方1例に盲腸腫瘍( 大腸癌の疑い)を認めました。総合病院へ紹介し、内視鏡治療もしくは外科的治療適応かを現在精査しております。

前癌病変である大腸腺腫の方は24例で、当院で内視鏡切除施行しすべての方が治癒切除となっております。

 

まとめ

2021年6月に引き続き、7月も例年通りの大腸内視鏡件数となってきております。

今回の内視鏡検査とは無関係ですが、背部痛と腹痛にて他機関に通院されていた方が、症状が改善しないため当院で腹部超音波を施行したところ、膵腫瘍の診断となりました。

この機会に、腹痛や背部痛などの自覚症状がある方、便潜血反応陽性の方、また、便秘症や下痢などの便通異常、腹痛、食欲低下、体重減少、大腸癌の家族歴、大腸ポリープ切除歴などのご心配がある方も一度当院へ受診をご検討ください。

特に便潜血反応が一度でも陽性となった方、また便秘や腹痛および貧血症がある方は、大腸内視鏡検査が必要と考えられております。

当院では、腹部超音波も施行しており、全例を検査技師でなく医師が施行しております。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

2021年7月の当院の胃カメラの検査結果の概況(追記)

胃カメラ件数の詳細

昨年2020年7月の当院での胃カメラ件数は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり125件と例年より若干少ない検査数でした。

当院は院内感染予防対策に力をいれており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来を施行していないため院内感染のリスクはより低いと考えます。2021年7月は128件と祝日の影響で例年よりやや少ない胃カメラ(胃内視鏡)の検査数でした。

 

胃カメラの結果

128件のうち1例の方に悪性リンパ腫を認めました。その他ほとんどの方が異常所見無く、その他の所見として食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、慢性胃炎、胃ポリープなどの良性疾患でした。また、17人のピロリ菌感染の方が当院でピロリ菌除菌治療(1次除菌16件、2次除菌1件)を施行しました。

 

 

まとめ

6月に引き続き、7月もほぼ例年通りの内視鏡件数となってきております。

当院では、さいたま市胃癌検診も行っておりますので症状がなくても、昨年健診を実施していない方は、よろしければこの機会に受診の検討をお願い致します。

また、胃痛・腹痛、食欲低下、体重減少などの自覚症状や、胃癌・食道癌の家族歴、ピロリ菌感染などのご心配がある方も一度受診をご検討ください。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

 

また今回の内視鏡検査結果とは無関係ですが、背部痛と腹痛にて他機関に通院されていた方が、症状が改善しないため当院で腹部超音波を施行し膵腫瘍の診断となった方がいらっしゃいました。

当院では、腹部超音波も適宜施行しており、全例を検査技師でなく医師(院長、非常勤消化器内科医)が施行しておりますので、お気軽にご相談ください。

2021年6月の当院の大腸カメラの検査結果の概況(追記)

大腸カメラの件数の詳細

昨年2020年6月の当院の大腸カメラ件数は、新型コロナウイルス感染症による受診控えの影響で41件と少ない検査数でした。

2021年6月は68件とほぼ例年通りの大腸カメラの検査数でした。当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診や内視鏡検査ができると考えております。

 

大腸カメラの結果

68件の大腸内視鏡施行した方のうち、1名に直腸癌を認め近隣の総合病院外科に紹介し治療を致しました。

その他、5月に当院で施行した直腸腫瘍で早期癌を疑われた1名の方が精査の結果、早期直腸癌の診断で、8月に近隣の総合病院で内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による治療予定となりました。

その他、前癌病変である大腸腺腫の方は26例おり全て当院で施行し治癒切除となっております。

 

考察

2021年6月に入りようやく例年通りの内視鏡件数となってきております。この機会に、便潜血反応陽性の方、また、便秘症や下痢などの便通異常、腹痛、食欲低下、体重減少、大腸癌の家族歴、大腸ポリープ切除歴などのご心配がある方も一度当院へ受診をご検討ください。

特に便潜血反応が一度でも陽性となった方、また便秘および貧血症がある方は、大腸内視鏡検査が必要と考えられております。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

 

2021年6月の当院の胃カメラの検査結果の概況(追記)

胃カメラ件数の詳細

昨年2020年6月の当院での胃カメラ件数は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり111件と例年より若干少ない検査数でした。

当院は院内感染予防対策に力をいれており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来を施行していないため、その安心感からか2021年6月は145件とほぼ例年通りの胃カメラの検査数でした。

 

胃カメラの結果

またほとんどの方が異常所見無く、その他の所見として食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、慢性胃炎、胃ポリープなどの良性疾患でした。また、17人のピロリ菌感染の方が当院でピロリ菌除菌治療(1次除菌15件、2次除菌2件)を施行しました。

 

 

考察

6月に入りほぼ例年通りの内視鏡件数となってきております。当院では、さいたま市胃癌検診も行っておりますので症状がなくても、昨年健診を実施していない方は、よろしければこの機会に受診の検討をお願い致します。

また、胃痛・腹痛、食欲低下、体重減少などの自覚症状や、胃癌・食道癌の家族歴、ピロリ菌感染などのご心配がある方も一度受診をご検討ください。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

2021年5月の当院の大腸カメラの検査結果の概況(追記)

大腸カメラの件数の詳細

昨年2020年5月の当院の大腸カメラ件数は、新型コロナウイルス感染症による受診控えの影響で39件と少ない検査数でした。

2021年5月は62件とほぼ例年通りの大腸カメラの検査数でした。当院では院内感染予防対策に力を入れており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来も施行していないため、安心して受診ができると考えております。

 

大腸カメラの結果

62件の大腸内視鏡施行した方に大腸癌の方はいませんでした。前癌病変である大腸腺腫の方は16例おり全て治癒切除となっております。

 

考察

2021年5月に入りようやく例年通りの内視鏡件数となってきております。この機会に、便潜血反応陽性の方、また、便秘症や腹痛、食欲低下、体重減少、大腸癌の家族歴、大腸ポリープ切除歴などのご心配がある方も一度当院へ受診をご検討ください。

特に便潜血反応が一度でも陽性となった方、また便秘および貧血症がある方は、大腸内視鏡検査が必要と考えております。

 

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

2021年5月の当院の胃カメラの検査結果の概況(追記)

胃カメラ件数の詳細

昨年2020年5月の当院での胃カメラ件数は、新型コロナウイルス感染症の影響もあり21件とかなり少ない検査数でした。

当院は院内感染予防対策に力をいれており、職員の健康管理も厳重にしております。また発熱外来を施行していないため、その安心感からか2021年5月は123件とほぼ例年通りの胃カメラの検査数でした。

 

胃カメラの結果

1例の方にアニサキス症があり内視鏡的異物除去術を施行しております。

またほとんどの方が、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、慢性胃炎、胃ポリープなどの良性疾患でしたが、1例の方に早期胃癌を認めました。この方は、近隣の総合病院で内視鏡切除予定となっております。

 

考察

5月に入りようやく例年通りの内視鏡件数となってきております。さいたま市胃癌検診も始まっておりますので、症状がなくても昨年に健診を実施していない方はもしよろしければ、受診の検討をお願い致します。また、胃痛・腹痛、食欲低下、体重減少などの自覚症状や、癌の家族歴、ピロリ菌感染歴などのご心配がある方も一度受診をご検討ください。

当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医、内視鏡専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

2021年4月の当院の胃カメラの検査結果の概況(追記)

胃カメラ件数の詳細

例年4月の当院での胃カメラ件数は40件前後と少なめです。これはさいたま市のがん検診が4月は始まっていない影響と考えられます。特に昨年4月は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言もあり33件と非常に少ない状況でした。その反動からか今年は、4月1日~4月24日までの約3週間で80件の胃カメラを施行させていただきました。

 

胃カメラの結果

ほとんどの方が、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、慢性胃炎、胃ポリープなどの良性疾患でしたが、悪性腫瘍(癌、リンパ腫)も3件の方に認められました。また、その他1例に胃腺腫(前癌病変)を認めました。また、その他に2例の方で悪性腫瘍が否定できず、総合病院へ紹介し精密検査中の方がいらっしゃいます。

 

考察

今回これだけ多くの頻度で悪性腫瘍が認められたのは、新型コロナウイルスによる受診控えによる影響と考えました。症状があっても我慢してしまい、しばらく受診の決断ができなかった方もいらっしゃいました。また悪性腫瘍の3件の方は、いずれも2人が初めての胃カメラ、1人が3年ぶりの胃カメラでした。

胃痛、食欲低下、体重減少などの自覚症状や、家族歴、ピロリ菌感染歴などのご心配がある方は、一度受診を検討ください。当院での胃カメラおよび大腸カメラは麻酔を使い眠りながらの検査も行っております。またすべての検査を、内視鏡指導医・専門医、消化器病専門医の院長が担当しております。お気軽にご相談ください。

のなか内科について

のなか内科は、埼玉県さいたま市大宮区(旧大宮市)に野中医院として開院し、野中病院を経て今年で76年目となります。今後もさいたま市や大宮区の地域医療を担っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
当院の紹介ページ:医院紹介

お問い合わせはこちら

 048-641-8777

診療時間
午前   8:30~12:00
(受付:8:30~11:45まで)
午後 15:00~18:30
(受付:15:00~18:15まで)

休診日
水曜午後、土曜午後、日、祝祭日

アクセス

医療法人 誠恵会
のなか内科

〒330-0844
さいたま市大宮区下町3-7-1
グランドミッドタワーズ
大宮スカイタワー1階
TEL:048-641-8777
詳細はこちら
当院ではキャッシュレス決済をご利用いただけます 当院ではキャッシュレス決済をご利用いただけます